自律と自立を育むジャカルタの学習塾
学習塾KOMABAジャカルタ
+62-(0)21-2793-9364
(平日)12:00-21:30 (土) 9:30-19:00 (日) 9:30-13:00 (木)定休日

塾生通信「羅針盤」2018年12月号より

2020年度より小学校で「プログラミング教育」が必修化されることが決まっています。「プログラミング教育」と聞くと、コンピュータでカタカタ文字や数式を打ちこむ「コーディング」をイメージされる方もいるかもしれませんが、そうではありません。コンピュータの仕組みや扱い方を通じて「プログラミング的思考」を身に付けることが目的なのです。私たちの生活や仕事は、AIやロボットが欠かせない時代になりつつありますが、そうした社会では、単純作業はロボットに任せてしまい、人間は「何が問題なのか」「どうすれば解決できるか」を論理的に考える必要があります。そのような考える力が「プログラミング的思考」です。KOMABAでは、小学校のプログラミング教育必修化に先立ち、来年度より「ロボット教室」の開講に向けて準備を進めています。手先の巧緻性や創造性を高めつつ、その先の数学・理科はもちろん、「プログラミング的思考」を育てる新たな教材として発信していきます。

今年に入ってから、「手帳」というものを持たなくなりました。メモやスケジュールの管理は「タブレット」でするようになったのです。日本でも「生徒一人に1台のタブレット」という学校が増えていますね。様々な情報をタブレットで管理することで、仕事が効率化するだろうと思い使い始めたわけですが、渋滞のタクシーの中でも、休日の自宅でも、仕事ができるようなってしまい、仕事時間が増えているような気がします。IT化による仕事の効率化も、結局使う人間次第ではないかと身を持って感じております。